「世界が憧れる日本人という生き方」
30年以上、ハリウッドで映画プロデューサーの仕事をされているマックス桐島さんの本です。

「世界が憧れる日本人という生き方」

今までのように、日本製というモノを持つのではなく、日本人の生き方、生き様が注目されていることを、ハリウッドからの視線で書かれています。

外国人の視点で読めるので、おもしろいです!

そして、なるほど〜、と思うことばかりです。

日本人には当たり前のマナー、接客、謙虚さ、など、世界から見ると、賞賛の対象になるんです。

それはたぶん、311の日本人の姿を見て、さらに世界がそう思ったのではないかなと思いました。

私たちが、子供の時にしつけられるようなことが、世界から見ると、賞賛されるなんて、うれしいですね。
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
本の紹介「生命力の回復 細胞呼吸法」
「生命力の回復 細胞呼吸法」 曽紅 著

おもしろかったです!

呼吸によってさまざまな症状が改善していく体験を、気功の教室で伝えていらっしゃるそうです。

中国から日本に留学して、いろいろな経験をされて、呼吸を伝えていらっしゃる方ですが、ご自身の体験談もすごいと思いますし、暖かく楽しく書かれています。^^

まだこれからじっくりと読んでみたいと思いますが、私たちが、どれだけ自分の身体、しかも細胞まで、思いやっているかな?と考えてみました。

人間は何日か食べなくても死なないけれど、7分ほど呼吸が止まったら死んでしまいます。

それは、ミトコンドリアが呼吸をしているからなんですね。

なるほど!

食事よりまず呼吸!

目からウロコです!

細胞の一つ一つが、24時間、休まず動いてくれているので、私たちは生命を維持できているわけで、そのことに気づけただけでも、細胞に感謝!です。

日本でも、病は気から、と言いますが、気持ちが病気と関係することは昔から誰もが気づいていて、それは、日々の気持ちのあり方を明るくすることが大事ですが、自分の身体の細胞も思いやって、1秒も休まず働いてくれてありがとう、と、思うだけでも、身体を愛おしく思えるんだな、生きているって素晴らしい、と、明るい気持ちになれるんだな、と思いました!

 
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
本のご紹介「経皮毒」
最近読んだ本を紹介します。^−^


「伝えて!ひろがれ!脱・経皮毒」山下玲夜著

シャンプー、リンス、香料、などなど、口からではなく皮膚から吸収する化学物質を、経皮毒と呼ぶそうです。

こちらの本は、女性の方が書いていらっしゃるので、女性ならではの視点で、解説しています。

化粧品や生理用品などからも、皮膚で化学物質を吸収しているようです。

びっくりしました。

解毒も大事ですが、化学物質をできるだけ取り込まない、ということが、まず必要だな〜と思いました。

そして、何か物に頼らなくても、人はもっと、本来の健康な姿で生きられるのだな、とも思いました。^^

どこかで、100年前の人が食べていたものを現代の人も食べるだけで、もっと体調が変わるかも、と書いてあったことも思い出しました。^^

100年前には添加物はないので、そうかもしれないですね〜。

いろいろな気づきのある本でした。^^



 
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「こども礼儀作法」
「こども礼儀作法」という本を紹介します!

イラスト入りで、とても読みやすく、分かりやすい礼儀作法の本です!

こども向けですが、内容は、大人にもとても参考になるものばかりで、新たに礼儀作法を学ばせてもらった感じがします。

特に、「礼儀作法の作法とは、人を大切にする気持ちの表現方法」という言葉に感動しました。

また、「型にはまる」とは、あまり良い意味ではないときに使われることが多いと思いますが、「型は心の入れ物」であり、「姿勢」という型がなぜ大事なのか、書かれています。

なるほど!!と思いました。

そして、それを読んで、型は、一番美しく見える動き方だからこそ、「型」として、日本人の美しい礼儀作法として、伝えられてきたのだと思いました。

型をきちんとできてこそ、「型にはまらない」行動や動き方をしても、美しいのだなと思いました。

それは、基本ができているからなのですね。

いろいろな本を読みますが、子供向けの本のほうが、本質を分かりやすく教えてくれていて、素晴らしい本が多いんです。

こちらの本も、礼儀作法をこれだけ分かりやすく教えてくれていて、感動しました。

また、クリスタルチルドレンが多くなっている今日このごろですが、愛と光の中で生きているクリスタルチルドレンにも、もちろん礼儀作法は必要です。

人として、きちんとしていてこそ、愛と光の世界を伝えるときに、周りの人たちが感動してくれるからです。


「こども礼儀作法」 日本作法会 代表 尾崎文春 著

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「日本人はいつ日本が好きになったのか」
昨日、外で待っているときに、本を読んでいたのですが、昭和天皇とマッカーサーの会見のエピソードが掲載されていました。

国民を思ってのお言葉に、マッカーサーは「私は初めて神のごとき帝王を見た」とお話しされたそうです。

どれだけの思いでいらっしゃったのでしょう。

どのようなお言葉をマッカーサーに伝えたか、載っていたのですが、それを読みながら、本当にうるうるしました。

読んでいたのは、この本です。

「日本人はいつ日本が好きになったのか」竹田恒泰著

〜「自分の国がいちばん」とやっと素直に僕らは言えた〜






 
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「私は日本のここが好き!」
本の紹介です。^^

「私は日本のここが好き!」加藤恭子著



日本が好き!という外国の方々が語る本です。

着眼点がおもしろいです!

へ〜そんなことが?!と思ったり、なるほど!と、うなったり、やっぱり!と、頷いたり。

日本人のマナー、日本が安全、など、日本人にとって当たり前のことが、すごく素晴らしく見えてきます。

それは、震災のときに、被災地の方々の姿を世界中の人が驚いて、賞賛したことからも分かります。^^

そして、自分の国をそんなふうにほめてもらえるって、嬉しいことなのだなと思いました。
 
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「おやじギャグ英語術」

はとバス名物ガイドさんのおもしろい本です!

英語でどうやっておやじギャグを言うか?というワザだけでなく、

みんなに笑ってもらいたいのは、楽しく過ごしてもらいたいから!

という、日本に来てくれた方々へのおもてなしの心に感動しました。


本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
クリスタルチルドレンの本の紹介です「クリスタルP」
久しぶりの投稿です!

クリスタルチルドレンの本を紹介しますね!!

「クリスタルプロジェクト」(明窓出版)

NMCAAのAi先生の著作で、たくさんのクリスタル親子のストーリーが掲載されています。

今、生まれている子供たちは、もうほとんどがクリスタルチルドレンと言えるかもしれません。

ご自分のお子さんだけでなく、子供たちの仕事をしている方は、生徒さんたちがこのようなお子さんかもしれません。

確実に時代が変わってきていること、愛と光のみにフォーカスしている子供たちが増えていることを、ぜひ読まれてみてください。



本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
管前首相へのインタビュー記事

管前首相へのインタビュー記事が、東京新聞Webに掲載されました。

9月6日

「首都圏壊滅の危機感 管前首相に聞く」


http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011090690070913.html


東京から人っ子一人いなくなるかもしれない、という危機感のもと、どのように動いていたのか、リアルなお話です。

脱原発への思いも語られていました。

いかに危険な状況だったのか、改めて、実感しました。

これからの再生可能エネルギーの稼動に、期待したいです。

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「古武術あそび」

おもしろい本を見つけました!

「古武術あそび」 岡田慎一郎著 NHK出版






本の紹介文より

「筋力に頼らず、身体に負担をかけない…

 日本古来の「武術」の動きから生み出された

 様々な「あそび」を一挙紹介。」



私も、筋トレなどで、筋肉ムキムキモリモリにするのは、身体への負担が強く、老化が早まると聞いたことがあります。

また、身体は、骨を支えるインナーマッスルこそが大事とも言われますね。

この本は、目からウロコ!でした〜。

息子と、ぐるぐる腕を回しながらスクワットすると、あらふしぎ〜!ぜんぜん、きつくないんです。

本当に。

ごろごろと床で身体を回転させると、頭もすっきり。

筋力を使わずに、疲れずに身体を動かす。

大人にも大切ですが、やはり、子供にこそやってもらいたいです!

それに、古武術って、ふしぎな魅力があります♪

忍者に近づいた気分になれます。(笑)

空気に溶け込み、気配を消して動く。

日本古来の「武術」は、現代とは考え方がまったく異なるものもあり、学んでみるとおもしろいと思いました。

温故知新です!

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search