本の紹介 「ぼくの・稲荷山戦記」 たつみや章

たつみや章さんの本をご紹介します。

子供と一緒に読める本です。

神社や古墳、企業のことなどが出てくるので、一人で読むなら、小学生高学年くらいかな?

でも、ママが一緒に、解説しながら読んであげれば、小さなお子さんでも十分楽しめますよ!

何より、おもしろいので!

「ぼくの・稲荷山戦記」 たつみや章

あるところに、稲荷神社があります。

長いこと、巫女の家がその神社を護ってきました。

あるとき、お使いギツネが現れます。

神社がある小高い丘は古墳になっているが、その丘がレジャーパークに造成されてしまうとのこと。

巫女の家の一人息子、マモルくんと、お使いギツネと神様のお話が始まります。

企業を巻き込んだ大事件になり、思いがけない展開へ!

大人が読んでも、おもしろいお話です!


私も、古墳が壊されて住宅地にされた場所をいくつか知っています。

もし、そこに神様がいるとしたら、その土地をこよなく愛している神様は、どのように思っていたことでしょう。

神様から見た人間世界。

この本は、私の大好きな一冊です。


本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/109
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search