本の紹介「愛国消費」

「愛国消費」 三浦展 著 徳間書店





またまたおもしろい本に出会いました。

三浦展さんは、”下流社会”などの言葉で知られる方です。

”今の若者”と言われる世代の消費、考え方、行動、などを分析し、たどりついたところは、「日本」。

日本らしさ、というものが、「大国」ストーリーに替わるものになっているそうです。

分かるような気がします。

もうバブルはとっくの昔に終わりましたし、GPPを中国に抜かれても、GDPというモノサシそのものが、消費をベースに考えている”欧米流”なのですよね。

だから、もう、欧米式にやらなくてもいい。

もともと日本人が持っていた、日本らしさ、日本流のやり方は、大量消費、大量生産、ではなかったわけですから、少し熱がさめて、振り返ったとき、こういうやり方は日本人には合わないよな、と、ふと思う瞬間、というのは、誰にでもあるのではないでしょうか?!

おばあちゃんが娘時代に着ていた100年近く前の着物が、まだ家庭に残っている。

そういうのが、日本の家庭だったんですよね。

うちにもありますよ〜。

おばあちゃんや大叔母さんが着ていた着物

おばあちゃんは、さらにそのおばあちゃんや叔母さんから受け継いでいますから、あっという間に100年ものの着物です^^

七五三の着物や紋付袴も、親戚中で、回しながら、大事に皆で来た、という思い出もある方もいますよね?^^

なので、そういうDNAがある日本人には、使い捨て、というのは、やっぱり肌になじまない、と感じることがあるのも、不思議ではないですね。

という感じで、いろいろ分析してみると、自分や周りにも思い当たるフシがたくさんあり、あっという間に読んでしまう、おもしろい本です!

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/120
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search