「日本人はいつ日本が好きになったのか」
昨日、外で待っているときに、本を読んでいたのですが、昭和天皇とマッカーサーの会見のエピソードが掲載されていました。

国民を思ってのお言葉に、マッカーサーは「私は初めて神のごとき帝王を見た」とお話しされたそうです。

どれだけの思いでいらっしゃったのでしょう。

どのようなお言葉をマッカーサーに伝えたか、載っていたのですが、それを読みながら、本当にうるうるしました。

読んでいたのは、この本です。

「日本人はいつ日本が好きになったのか」竹田恒泰著

〜「自分の国がいちばん」とやっと素直に僕らは言えた〜






 
本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/149
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search