宇宙人のホームステイ 10

(10)

次の日、ボクとアキトくんは、外出することにした。
アキトくんの話だと、エアという星の学校で、地球の様子のビデオを見てきたんだって。
だから、建物とか街の様子とか、けっこう知っているらしい。

お母さんと話し合って、3人で博物館に行くことにした。
恐竜の骨とか、宇宙の星の模型とかがあるところ。
ボクの夏休みの宿題ネタにもなるし、アキトくんにも、地球の子供たちが行くところを見せてあげられる。

外に出た。

大通りを歩いていると、後ろから、ブーーーンとバイクがすごい音で近づいてきた。
アキトくんは、うわーっと言って、飛び上がった。
びっくりして振り返ったらしい。

そして、バイクが通り過ぎると、ため息をついた。
「すごい音だねえ。君たちは、こんな音をいつも聞いているの?」
ボクには、いつもと同じ道路の光景だったけれど、アキトくんはびっくりしたみたいだ。

次は、地下鉄の駅に行った。
アキトくんは、キョロキョロしていた。指をチカチカと、少し動かしていた。

「何しているの?」

ボクは聞いてみた。

「これは、写真を撮っているんだよ。空から街の様子は見ることができるけれど、地球の地下鉄の中まで行った人は、そんなに多くないんだ。この映像は貴重だよ。」

へえ、そうか。
そうだよな、いくらすごい科学力を持った宇宙人だって、いつでもカンタンに地上に来られるわけではないよな。

アキトくんは、切符を改札に入れるところや券売機を、とてもおもしろがっていた。
おもちゃに見えるらしい。

宇宙人のホームステイ | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/61
TRACKBACK BOTTOM
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search