宇宙人のホームステイ 12

(12)

博物館についた。

夏休みなので、特別展もやっている。
原人と呼ばれる大昔の人間の骨も見られるらしい。
アキトくんは、またおもしろそうに、キョロキョロしていた。

恐竜の骨を見た。

「これは知っているよ。地球には、大昔、巨大な動物がいたんだよね。
哺乳類だったものもいるみたいだよ。
あと、巨大な鳥も。極楽鳥のように、とてもきれいな色をしていたんだって。」

「どうしてそんなこと知っているの?」

「ぼくたちのタイムリーダーという機械で、地球の歴史を読み取ったのさ。
君たちのテレビみたいなものだよ。」

ボクは、びっくりして口がきけなかった。

次に、原人の骨が展示されているところに行った。

「これも知っているよ!この前、学校で習ったんだ。
君たちの祖先の原人は、ボクたちの星の研究者が作ったんだって。
地球には、大きな研究室があって、遺伝子の研究をしていたと、教わったよ。
だから、ボクは地球に来てみたかったんだ!」

アキトくんは興奮して、大声でしゃべっていた。
隣にいたおばさんと男の子が、ヘンな顔で振り返った。
お母さんは、あせっていた。

ボクは、一瞬、なんのことか分からなかったが、周りの人達の様子を見て、ちょっとマズイかなと思った。

お母さんは、

「さあ、お茶でも飲みましょう。」

と言って、ボクとアキトくんをあわてて、展示室から連れ出した。

宇宙人のホームステイ | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/63
TRACKBACK BOTTOM
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search