宇宙人のホームステイ 14

(14)

ボクたちは、朝ごはんを食べるためにリビングルームに行った。
ちょうどテレビでニュースをやっていた。
広島からの中継だった。

そうだ、今日は8月6日、ヒロシマの日だった。
日曜日だったので、お父さんもいた。

アキトくんがいつものニュースと違うのに気がついたらしい。

「あれは何をしているのですか?何かの儀式ですか?」

と聞いた。

式典会場の中継だった。

「もう60年以上になるけれど、原子爆弾というものが、日本のヒロシマに落ちたんだよ。」

お父さんが、原爆の説明を始めた。

「たった一発で何十万人もの人が死んでしまった。この日には、こうやって平和のための式典をして、二度と原爆を繰り返さないようにしているんだよ。」

アキトくんは、じっとテレビを見ていた。

指が少し動いていたから、この様子も先生のいる宇宙船に報告しているのかな。

宇宙人のホームステイ | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://story.nmcaa-takamanohara888.jp/trackback/65
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search