2013年4月27日クリスタルアート展

超久しぶりの更新となってしまいました!

4月27日(土)に関東でクリスタルアート展を開催します!

クリスタルチルドレンたちのキラキラするアートを、

ぜひご覧くださいませ!

当日は会場で、クリスタルチルドレンについてご相談いただくことも可能です。

入場料、ワークショップ、など、すべて無料のアート展です。

どなたでもご参加いただけます。

どうぞお気軽に遊びにいらしてください♪

========================

クリスタル・アート展のご案内

in関東

========================

みなさま、こんにちは!

関東クリスタル・プロジェクト事務局です。^^

関東クリスタル・プロジェクトの

「クリスタルアート展」を

427日(土)に東京で開催いたします。

クリスタル・チルドレンと親子の愛と光のアート作品を

ぜひご覧くださいませ。

クリスタルチルドレンたちが見ている虹色に輝く

愛と光の世界を、みなさまにご覧いただければと思います。

本当は誰もが、純粋な魂を持つクリスタルです。^^

人の真の姿は、誰もが光り輝くクリスタルであること、

ピュアなこどもたちはすでにそれを伝えてくれています。

その虹色の愛と光のエネルギーを、感じていただければ幸いです。

ご来場された方々もご参加いただけるワークショップも

開催しますので、ご家族、ご友人など、お誘いあわせの上、

どうぞ遊びにいらしてください♪

詳細はこちらからご覧くださいませ。

(チラシもダウンロードできます)

http://nmcaa-haruka.jp/4-27crystal-art/menu.html

みなさまのご来場を楽しみにお待ちしております♪

お問い合わせ:info@nmcaa-takamanohara888.jp

クリスタルプロジェクト:http://nmcaa.jp/crystal/

関東クリスタル・プロジェクトより

愛と感謝を込めて∞

クリスタルチルドレン | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
クリスタルチルドレンの本の紹介です「クリスタルP」
久しぶりの投稿です!

クリスタルチルドレンの本を紹介しますね!!

「クリスタルプロジェクト」(明窓出版)

NMCAAのAi先生の著作で、たくさんのクリスタル親子のストーリーが掲載されています。

今、生まれている子供たちは、もうほとんどがクリスタルチルドレンと言えるかもしれません。

ご自分のお子さんだけでなく、子供たちの仕事をしている方は、生徒さんたちがこのようなお子さんかもしれません。

確実に時代が変わってきていること、愛と光のみにフォーカスしている子供たちが増えていることを、ぜひ読まれてみてください。



本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
お芝居のご紹介 「太陽龍」

お芝居の公演をご紹介します!!!


「太陽龍」

●詳細
劇団龍門第二回公演
「太陽龍」−大いなる架け橋ー
作・演出 村手龍太

●11月4〜6日(全5ステージ)
しもきた空間リバティ(東京)

●あらすじ
原発の事故をきっかけに、それぞれの立場で関わる人間たちの守るべきもの。
国・家族・恋人・誇り・・・・今、日本人としてどう生きるべきか!どう在るべきかを問う!問題作。熱き男達の維新を懸けた壮絶な戦いが今幕を開ける!

4(金)19:00
5(土)14:00  19:00
6(日)14:00  18:00

料金
前売り ¥3000
当日  ¥3200

予約フォーム
携帯
https://ticket.corich.jp/apply/31004/
パソコン
https://ticket.corich.jp/apply/31004/001/

劇団HP
http://dragon-gate.jp/gekidan


日記 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
本の紹介 「夜の神話」
たつみや章さんの本をご紹介します!


「夜の神話」 たつみや章






夜の神話という神秘的なタイトルですが、じつはこのストーリー、原発の事故の話なのです!

児童書ですので、専門的なことも、分かりやすく、簡単に書いてあります。

この本を息子と一緒に読んだのは、もう2〜3年前のことですが、あのときは、まさかこのようなことが現実に起こるとは思いませんでした。

地震大国の日本に原発は危ないのではないか、と誰もが思っていても、でもきっと大丈夫だろう、という気持ちも、誰にもあったと思います。

この本では、ある原発でメルトダウンの危機が発生します。

一人の献身的というか、犠牲的な行動で、最悪の事態は回避できます。

手に汗をにぎるストーリー展界です。

そして、「神話」ですから、このような事故を見つめる神様もいます。

人間が手にしてはならない青い炎を使い始めてしまった地上を、どのような気持ちで見ているか。

切ない気持ちになります。

実際に、福島では、最悪の事態になってしまいました。

これからのエネルギーのあり方を、もっと真剣に考えたほうがよいのではないかと思います。
- | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
管前首相へのインタビュー記事

管前首相へのインタビュー記事が、東京新聞Webに掲載されました。

9月6日

「首都圏壊滅の危機感 管前首相に聞く」


http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011090690070913.html


東京から人っ子一人いなくなるかもしれない、という危機感のもと、どのように動いていたのか、リアルなお話です。

脱原発への思いも語られていました。

いかに危険な状況だったのか、改めて、実感しました。

これからの再生可能エネルギーの稼動に、期待したいです。

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「古武術あそび」

おもしろい本を見つけました!

「古武術あそび」 岡田慎一郎著 NHK出版






本の紹介文より

「筋力に頼らず、身体に負担をかけない…

 日本古来の「武術」の動きから生み出された

 様々な「あそび」を一挙紹介。」



私も、筋トレなどで、筋肉ムキムキモリモリにするのは、身体への負担が強く、老化が早まると聞いたことがあります。

また、身体は、骨を支えるインナーマッスルこそが大事とも言われますね。

この本は、目からウロコ!でした〜。

息子と、ぐるぐる腕を回しながらスクワットすると、あらふしぎ〜!ぜんぜん、きつくないんです。

本当に。

ごろごろと床で身体を回転させると、頭もすっきり。

筋力を使わずに、疲れずに身体を動かす。

大人にも大切ですが、やはり、子供にこそやってもらいたいです!

それに、古武術って、ふしぎな魅力があります♪

忍者に近づいた気分になれます。(笑)

空気に溶け込み、気配を消して動く。

日本古来の「武術」は、現代とは考え方がまったく異なるものもあり、学んでみるとおもしろいと思いました。

温故知新です!

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
ニュートン10月号

今、発売されているニュートン10月号は、「太陽」特集です!

「今おきている太陽の”変調”と地球環境

 太陽 地球コネクション 温暖化?それとも寒冷化?」





科学雑誌なので、科学的見地から、太陽のことが分析されています。

この中で、「銀河のかなたの現象が、地球の気候をかえているかもしれない」というページもあります。

たとえば、遠いかなたで起きる超新星爆発が地球に影響を与えるのか?と、科学者の間でも話題になっているそうです。

スピリチュアルな世界では、よく話題になりますが、科学者の間でも、このような研究が始まっているのですね。

おもしろい特集です♪

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「愛の使者」

アセンションアカデミー(NMCAA)のAi先生の新しい著書を紹介します。

「愛の使者」 明窓出版

愛とは何か、アセンションとは何か、とても分かりやすく、書かれています。

コンパクトサイズで読みやすいです!

カバンに入れて、電車の中などでも、読んでいます。

アセンションについて知りたい方に、ぜひおすすめです!!!




本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
旅行に行ってみると…

夏休みに関西方面に行ってきました〜!

とっても楽しい旅行でした!

関西の元気をもらってきましたー!

ところで、新幹線が大阪に到着して、駅に降りると…

まぶしい!って思ったのです。

駅構内が、とっても明るいのです。

すべての電気がついています。

あぁそうか、と気がつきました。

関東では節電のため、お店の看板など、昼間は、電気はあまりついていないのです。

駅構内でも、昼間は、照明を落としています。

すっかりその光景に慣れていました。

明るいと確かに便利ですし、

お年寄りの方や、視力の弱い方などには、明るいほうがもちろん優しいです。

でも、危くない程度に、もう少しだけ照明を少なくしても、大丈夫かな、とも思いました。

日本全国、もう少し、節電できそうです〜。

日記 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「センス・オブ・ワンダー」

レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」の映画を見ました。

60年代に環境保護のために活動した女性科学者です。

カーソン氏の著書「沈黙の春」が、世の中が環境保護へ大きく動くものになっていきました。

センス・オブ・ワンダーは、いかに人が自然の中で感性を持つか、ということが、分かりやすく、美しく書かれている本です。

自然の景色とともに、レイチェル・カーソンが語る形で、映画化されました。

このような方がいたからこそ、環境が保護されるようになったのだと、感動しました。

でも、当時の危険薬品は使われていませんが、その代わりのものは、たくさん今でも使われています。

映画の最後に、レイチェル・カーソンの思いはまだ達成されていない、というテロップが流れたときは、考えされられました。

とても素晴らしかったです。


http://www.cinra.net/news/2011/02/03/131735.php

本の紹介 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
地球維神―黄金人類の夜明け
地球維神―黄金人類の夜明け (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi
RECOMMEND
RECOMMEND
光り降る音
光り降る音 (JUGEMレビュー »)
かんの ゆうこ,東儀 秀樹
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search